出国税と相続税

税理士は税の専門家ではあるが、相続税(贈与税を含む)を得意とする税理士は少ないのが現状だ。

下手な相続制対策を打つと、逆効果になることもあるので、ダイヤモンドQ編集部では、税理士は慎重に選びことをお勧めする。

Fさんは大手 当然基本的に相続財産の分け方(相続分)は相続人同士の話し合いで決めていいのですが、現実問題として基準となる分け方がないとすんなり皆が納得して合意するのは難しいかと思います。

そこで遺産分割については一般的に指定相続分と法定 また相続放棄ができるのは、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内です。

この3ヶ月の期間のことを熟慮期間(じゅくりょきかん)といいます。

結論から申し上げれば、3ヶ月の熟慮期間の経過後に相続放棄をすることはできません。

それでは 日頃、あまり耳にする事がない「相続税」ですが 実は今年から相続税の制度が大きく変わった事をご存じでしたでしょうか? 5月の朝日新聞の特集でわかり易い記事が掲載されていましたので そのまま添付してみます。

基礎控除が5000万円 神奈川 相続は知らなくてもいいことなのかもしれない。しかも(株)は、資産家や土地オーナーなどを対象に、各界から著名人・専門家を招き、税務、相続、ライフプランなどの各種セミナーやトークショー・講演会を開催している。

このブログ記事について

このページは、midwestdiscountgolf.comが2015年6月23日 10:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一戸建ての買い方と住宅ローンの借り方」です。

次のブログ記事は「相続に関する実態調査アンケート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。